弊社への修理をご依頼の際は、必ず下記の注意事項をご了承の上ご依頼ください。 修理全般に関して 修理の仕上げに個体差が生じることがあります。 劣化の進行具合を外見で判断することが難しい場合がございます。 製造から5年以上経過しているものは素材・接着剤の劣化が進行している場合が多くあり、修理時に剥離、破損する恐れがあります。   修理作業による負荷について 修理品の取り扱いや事前のチェックは慎重に行っていますが、内容によってはお靴に負荷をかけざるを得ないことがあり、劣化が進んでいる箇所(プラパーツ、レザーなど)が損傷してしまう可能性がございます。 その他 梱包材および付属品の返却はしておりません。 廃棄可能な梱包材での送付にご協力をお願いいたします。 お品物到着のご連絡はしておりません。 送り状の住所と修理完了後の返送先が異なる場合は、必ずご連絡ください。 交換修理の場合、元パーツの返却は致しておりません。 修理不可または修理キャンセルとなった場合は、着払いでのご返送となります。ご希望の場合は、弊社にて廃棄も可能です。 ご理解をいただいての修理となりますので、宜しくお願い致します。  ...

靴修理専門店タロンタロンでは、下駄・草履・雪駄などの修理が可能です。こちらのサイトでは修理内容や料金を解説していきます。 参考修理・料金 依頼の多い修理を中心に説明していきます。こちらにない修理でもご気軽に相談ください。 鼻緒の修理 特に多いのが指で挟む前坪の部分の修理です。切れてしまったり緩い場合など修理が可能です。 前坪の交換 5,000円~ 鼻緒の長さ調整 3,000円~ 底のゴム劣化・すり減り 地面に接地するソール(底)部分のゴム等の劣化でボロボロになったり、小石が食い込んでしまったり、又かかとがすり減ってきてしまった、音がうるさくて気になる、といった場合修理が可能です。元の素材を除去してから新しいゴムを付ける形になります。色もいくつかの種類からお選びいただけます。 かかとのゴム交換 3,000円~ ハーフソール交換 3,000円~ かかとすり減り防止パーツ取り付け 1,500円~ 色落ちの染色 鼻緒等色落ちしてきた場合は補色が可能です。素材によっては風合いや肌触りが変わってしまうかもしれませんが、諦める前にご相談ください。 部分染色 4,000円~ 無料見積りはこちら 下記リンクからメール簡易見積りができます。写真がない場合修理金額等のご説明ができないことが多いので、できるだけ写真の添付をお願いします。 [blogcard url="https://talontalon.net/inquiry/"] 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関しては、無料にて再修理させていただきますので安心してご利用ください。...

「履き口がボロボロになったので直したい」「修理の値段が知りたい」といったショセの靴の修理でお困りならこちらのページをご参照ください。ブランドシューズの修理を専門に手掛けてきた職人が分かりやすく解説いたします。 ショセ(Chausser)は日本を代表する革靴ブランドです。フランス語で「輝く」という意味があります。デザイナーは前田洋一氏です。つま先が可愛い丸みを帯びているものが多い印象です。 修理はどこに出せるか メーカーでの修理 ショセの靴をメーカーでオリジナルのパーツを使っての修理を希望する場合は購入店などにお問い合わせください。その場合、以下の点に注意しましょう! 見積もりや納期に時間がかかる場合が多い 修理の内容によっては修理を受付けない場合もある 修理金額が高額になる場合が多い ショセ 公式ホームページ [blogcard url="http://chausser.net/"] 当店での修理 メーカーオリジナルのパーツにこだわらなければショセの靴は修理専門店での修理を検討しましょう。修理専門店で修理を依頼する際は以下の点に注意しましょう! 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 メーカーで断られた修理も可能な場合が多い 修理金額はメーカー修理と比較すると安価に収まるケースが多い 直接修理職人に修理依頼が出来るので細かな要望を伝えやすい 修理内容・値段 ショセのような良い靴は早めの修理やメンテナンスをしておけば、ずっと履き続けられますのでご参考に。 かかとの修理 かかとはどんな靴でもすり減っていってしまいます。カカト一面を平らに削る、もしくは元々のゴム等を剥がして新しいものに付け替えることが可能です。 かかと補修 2,500~3,500円 ビブラムのコンチプリマスやタンクヒール、革付き、ミシュラン、TOPYなどなど、写真にないものでも取り寄せての修理が可能です。ゴムのほうが圧倒的に人気です。革は高級感を出したい方、アンティーク好きな方、敢えて音を立てて歩きたい方に向いています。「革だと通気性が良い」という方もいますが、革付きヒールは下半分のゴムに上半分に革がくっ付いています。「木はないか」という方もいらっしゃいますが、ないです。 ハーフソール 修理屋さんでは(半張り)と言われていることが多いです。底の平部分もどんどん擦れていき滑りやすくなります。新品の状態でハーフソールをする方もいらっしゃいます。 ハーフソール 両足 2500~4000円 かかと同様に種類がたくさんございます。ビブラム、シモンソール、タンクソールなどなど。元々が平らだった場合でもゴツゴツとした滑りにくいタンクソールのようなものを張り付けることも可能です。 アッパーの破れ・傷み補修 ショセの靴は長く履き続けているうちに履き口がひび割れたり、痛んでくることがあります。メーカー修理では不可な場合が多い履き口の傷みや亀裂も、専門店なら修理可能です。 履き口張替え 5000~6000円 アッパー破れ補修 7000~9000円 ソールの交換修理 お気に入りのショセの靴は履きこんでいるうちにソールが減ってきます。その場合、ソールの交換修理が可能です。使用頻度にもよりますが、毎週のように履いている靴は2~3年に1回オールソールをすると靴がとても長持ちします。ソール全体の交換なのでオールソールと呼びます。 オールソール12,000~15,000円 中敷き交換 中敷き(インソール)が汚れてしまったり傷んできたら交換が可能です。オリジナルに近い色にて交換可能です。オリジナルに近い色のインソールを選べますので安心です。 インソール交換 2500~4000円 靴のストレッチ(サイズ調整) 購入した時は丁度いい!と、思ったショセの靴ですが、実際に履いて歩いてみたら痛い、甲があたる、かかとが擦れる、指が痛い!という場合があります。少し時間はかかりますが、痛い靴を無理に履き続けるのはおススメしません。サイズ調整の場合お客様にご来店いただき、調整いたします。ぜひストレッチでのサイズ調整をご検討ください。 サイズ調整 両足 2,000~3,000円 ソールの剥がれ 剥がれてきた場合は接着の修理が可能です。場所にもよりますが、素材が擦れて薄くなってきている場合などはハーフソールと一緒にやったりすると尚良いです。履かずに長期間靴棚の中にしまってある場合は加水分解で剥がれてしまうことも多いです。 ソール再接着 2500~4500円 クリーニング・染色 自分では落しきれない汚れや毛羽立ちなどが目立ってきた場合はクリーニング、靴磨きがおすすめです。色が落ちてきた場合は染色等で復元な場合があります。 クリーニング 3,000~4,000円 レザー染色 7,000円~   ショセの靴修理は上記以外の修理ももちろん可能です。修理ではなくカスタムの受付もしておいます。また、全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 下記リンクからメール簡易見積りができます。写真がない場合修理金額等のご説明ができないことが多いので、できるだけ写真の添付をお願いします。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「ダンスシューズのハーフソールやカカトが滑るようになってしまった!」 というようなことでお困りの方、 当店靴修理専門店タロンタロンは修理の受付をしています。 社交ダンス用のダンスシューズでソールがツルツルになってしまった、とお越しになる方が多いです。ダンスシューズ用のソールでないパンプスも、ソールをダンスシューズ用のクロム革という素材に変えることもできます。 購入店か修理専門店、どちらに依頼するか ダンスシューズ専門店で購入された方は購入店で修理の相談をまずすることをお勧めします。購入店で修理を断られたり、普通のパンプスをダンスシューズ用に変えたいといった場合は購入店では修理ができないので、当店を是非ご利用ください。 当店での修理だと、購入店での修理より料金が安かったり、納期も早いケースが多いようです。ただし、修理に時間がかかるケースもありますので時間の余裕を持って修理に出すようにしてください。   修理内容と料金 ハーフソール(半張り) 長く、頻繁にレッスンに励んでいると、どんどんとソールがツルツルになっていき滑りやすい状態になってしまいます。さらには薄くなって破けて修理費用がかさんでしまう、または修理不可能になる、というケースもあります。 面部分を少し擦ったのち、上から新しい革を張り付ける修理が可能です。 ハーフソール 両足 3500円~ クロム革の色は黒か白(淡い青みがかかった白)の2種類です。 [caption id="attachment_17080" align="alignnone" width="189"] クロム革 クロと白[/caption]   ソールの剥がれの接着やオールソール たまにしか使わなかったり、激しく使った場合、ソールが剥がれることもあります。そういった場合は再接着ができます。 ソール再接着 2500~4500円 ソール全体が劣化している場合はソール全体の交換(オールソール)が可能なものもあります。 オールソール修理 両足 8000円~   カカトの革巻き ダンスシューズのパンプスのカカトは、床を傷つけたり、スムーズな足の動きができるように革が巻かれています。こだわりが強い方は革だけ買ってご自身で付ける方もいらっしゃいますが、そういった修理も受付しています。紳士靴の場合はカカトに面積が大きいので貼るだけで大丈夫です。 カカトの革張り 両足1500円~ クロム革の色はこちらも黒か白(淡い青みがかかった白)の2種類です。   アッパーの染色や靴のクリーニング アッパー部分がスレてしまったり、色が落ちてしまった場合にはレザー染色が可能です。傷つけてしまった場合などは染色を検討しましょう。 特殊な色に関しても復元が可能な場合があります。諦めずにお問い合わせください。 アッパー染色 5000円~ 靴クリーニング 2500~3500円   その他靴の修理のお問合わせは無料のメール見積りをご利用ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]  ...

「CR7の革靴のカカトが減ってきたのでなおしたい」 「すごい滑るようになってしまった!」 といった、CR7の革靴修理についてブランドシューズの修理専門職人が分かりやすく解説いたします。 CR7(シーアールセブン)はポルトガルのサッカー選手で世界的スーパースターのクリスティアーノ・ロナウドが立ち上げた自らのブランドです。 他の修理店などで断られてしまった修理に関しても諦めずにご相談ください。 [blogcard url="https://talontalon.net/inquiry/"] カカト・ヒールの交換 カカトはどんな歩き方でもどんなに丈夫な素材であっても減ってしまう消耗する箇所です。カカトが減ってているのをそのまま履き続けると、足に無理な負担がかかりますし、少し格好が悪いので早めの修理を検討しましょう。又、減りすぎる前に修理を検討してください。減りすぎていた場合は別料金がかかってしまいますし、場合によってはオールソール修理が必要な場合もあります。 カカト補修 両足 2500〜3500円   ハーフソール交換 日本語では「半張り」とも言われています。歩いていて滑る場合や今後長く使っていきたい場合は、ハーフソール修理を検討しましょう。購入後新品のままハーフソール修理をされる方も多く、革靴ではカカトの次にハーフソールの修理依頼が多いです。 ハーフラバーソール 2500~3500円   オールソールでの修理 ソール全体を交換するオールソール修理を施すことで靴底が新品状態まで復元することが可能です。またソールのタイプはレザー、ラバーだけではなくソールパターンなども選択できます。 オールソール 12,000~15,000円 リソール 8000~1万円   靴のストレッチ(サイズ調整) 購入した時は丁度いいと思ったCR7の靴も、きつい、指が当たる、甲が擦れるといった場合、ストレッチにて伸ばすことが出来ます。 ストレッチ 2500~4000円   アッパーレザーの染色やクリーニング 対応してくれる店舗が少ないのがアッパーレザーの染色です。クリームや磨きだけでは解決できないレザーの色スレなどは染色を検討しましょう。また定期的な靴クリーニングもオススメです。レザーの状態を最適に保つことができます。 部分染色 6000~9000円 全体染色 12000~15000円 革靴クリーニング 3000~4000円   タロンタロン靴修理店 住所:272-0021 千葉県市川市八幡2-13-12 電話番号:047-704-9444 営業時間:10~19時(火曜定休) 支払い方法:各種クレジットカード利用可能 その他CR7でも他のブランドでも靴修理でお困りならまずは無料のメール見積もりをご利用ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]  ...

「ウォークオーバーの革靴のカカトが減ってきたのでなおしたい」 「すごい滑るようになってしまった!」 といった、ウォークオーバーの革靴修理についてブランドシューズの修理専門職人が分かりやすく解説いたします。 ウォークオーバー(WALK OVER)は1758年、日本では松平定信が誕生した宝暦8年、スコットランド系の移民であるLevi Keithが靴づくりを始めたことから誕生しました。1899年にウォークオーバーというブランド名でスタートされ、1970年代後半に日本への輸出が始まりコールハーンとのコラボで人気に火が付きました。ウォルトディズニーが愛用していた靴ともいわれています。 ウォークオーバーのメーカー修理 オリジナルのパーツでの修理にこだわりなら、ウォークオーバーの靴の修理はメーカーに依頼しましょう。 ウォークオーバー メーカー修理の場合 見積もりや納期に時間がかかる場合が多い 修理の内容によっては修理を受付けない場合もある 修理金額が高額になる場合が多い ウォークオーバー 公式ホームページ [blogcard url="https://www.walkover.com/"] ウォークオーバー 靴修理専門店での修理 メーカーオリジナルのパーツにこだわらなければウォークオーバーの靴は修理専門店での修理がオススメです。 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 メーカーで断られた修理も可能な場合が多い 修理金額はメーカー修理と比較すると安価に収まるケースが多い 直接修理職人に修理依頼が出来細かな要望を伝えやすい 他の修理店などで断られてしまった修理に関しても諦めずにまずは無料見積からどうぞ! それでは当サイトの修理サンプルを参照にウォークオーバーで多い修理を解説していきます。   カカト・ヒールの交換 カカトはどんな歩き方でもどんなに丈夫な素材であっても減ってしまう消耗する箇所です。カカトが減ってているのをそのまま履き続けると、足に無理な負担がかかりますし、少し格好が悪いので早めの修理を検討しましょう。又、減りすぎる前に修理を検討してください。減りすぎていた場合は別料金がかかってしまいますし、場合によってはオールソール修理が必要な場合もあります。 カカト補修 両足 2500〜3500円   ハーフソール交換 日本語では「半張り」とも言われています。歩いていて滑る場合や今後長く使っていきたい場合は、ハーフソール修理を検討しましょう。購入後新品のままハーフソール修理をされる方も多く、革靴ではカカトの次にハーフソールの修理依頼が多いです。 ハーフラバーソール 2500~3500円   オールソールでの修理 ソール全体を交換するオールソール修理を施すことで靴底が新品状態まで復元することが可能です。またソールのタイプはレザー、ラバーだけではなくソールパターンなども選択できます。 オールソール 12,000~15,000円 リソール 8000~1万円   靴のストレッチ(サイズ調整) 購入した時は丁度いいと思ったウォークオーバーの靴も、きつい、指が当たる、甲が擦れるといった場合、ストレッチにて伸ばすことが出来ます。 ストレッチ 2500~4000円   アッパーレザーの染色やクリーニング 対応してくれる店舗が少ないのがアッパーレザーの染色です。クリームや磨きだけでは解決できないレザーの色スレなどは染色を検討しましょう。また定期的な靴クリーニングもオススメです。レザーの状態を最適に保つことができます。 部分染色 6000~9000円 全体染色 12000~15000円 革靴クリーニング 3000~4000円   その他ウォークオーバーの靴修理でお困りならまずは無料のメール見積もりをご利用ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]  ...

「ローファーのカカトがすり減ってしまった」 「ローファの紐がほつれてしまった」 G.H.バスのローファーや革靴修理でお困りですか?そういった場合にはこちらのページを参照してみてください。より長く愛用するための靴修理について解説していきます。 G.H.バス(G.H.BASS)は1876年、日本では廃刀令が発布された明治9年、アメリカのメイン州でジョージ・ヘンリー・バスによって設立されたシューズブランドです。世界で初めてのローファーを作り、ローファーのスタイルも確立しました。アメリカの学生らに間でコインを挟んで履くことが流行り、それがコインローファーの由来にもなりました。 G.H.バス 公式オンラインショップ [blogcard url="http://ghbass.jp/"] G.H.バスの靴修理案内 それでは当サイトでも依頼の多いG.H.バスの靴修理について紹介していきます。他店にて断られてしまった靴も是非一度ご相談ください。 またこちらのページで解決しなかった靴のお悩みについては、下記より無料のメール見積もりをご利用ください。 [blogcard url="https://talontalon.net/inquiry/"]   カカトの修理 カカトはどんな歩き方でもどんなに丈夫な素材であっても減ってしまう消耗する箇所です。カカトが減ってているのをそのまま履き続けると、足に無理な負担がかかりますし、少し格好が悪いので早めの修理を検討しましょう。又、減りすぎる前に修理を検討してください。減りすぎていた場合は別料金がかかってしまいますし、場合によってはオールソール修理が必要な場合もあります。 かかと斜め補修 両足 2500~3500円 ヒール交換 両足 2500~3500円   ハーフソール交換 日本語では「半張り」とも言われています。歩いていて滑る場合や今後長く使っていきたい場合は、ハーフソール修理を検討しましょう。購入後新品のままハーフソール修理をされる方も多く、革靴ではカカトの次にハーフソールの修理依頼が多いです。 ハーフラバーソール 両足 2500~3500円   ソールの剥がれ ソールが剥がれてきてしまった場合は再接着も可能です。 ソール再接着 2500~4500円   靴上部の修理やメンテナンス G.H.バスで意外と多いのがアッパーとソールの際の亀裂です。ソールが剥がれというよりもアッパーの破れによる剥がれです。 こういった場合にはアッパー補修にて対応が可能です。一度アッパーを補強してから再度接着します。 アッパー補修 3000~5000円   [blogcard url="https://talontalon.net/store-information/"] 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]    ...

「ジャンカルロモレリの革靴のカカトが減ってきたのでなおしたい」 「すごい滑るようになってしまった!」 といった、ジャンカルロモレリの革靴修理についてブランドシューズの修理専門職人が分かりやすく解説いたします。 ジャンカルロモレリ(GIANCARLO MORELLI)は三木正浩によって創業された日本の大手シューズチェーン「ABCマート」が展開するプライベートブランドです。イタリアテイストの紳士向け革靴を主に取り扱っています。 ジャンカルロモレリ オンラインショップ [blogcard url="https://www.abc-mart.net/shop/r/r1062/"] ジャンカルロモレリのメーカー修理 オリジナルのパーツでの修理にこだわりなら、ジャンカルロモレリの靴の修理はメーカーに依頼しましょう。 ジャンカルロモレリ メーカー修理の場合 見積もりや納期に時間がかかる場合が多い 修理の内容によっては修理を受付けない場合もある 修理金額が高額になる場合が多い   ジャンカルロモレリ 靴修理専門店での修理 メーカーオリジナルのパーツにこだわらなければジャンカルロモレリの靴は修理専門店での修理がオススメです。 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 メーカーで断られた修理も可能な場合が多い 修理金額はメーカー修理と比較すると安価に収まるケースが多い 直接修理職人に修理依頼が出来細かな要望を伝えやすい 他の修理店などで断られてしまった修理に関しても諦めずにまずは無料見積からどうぞ! それでは当サイトの修理サンプルを参照にジャンカルロモレリで多い修理を解説していきます。   カカト・ヒールの交換 カカトはどんな歩き方でもどんなに丈夫な素材であっても減ってしまう消耗する箇所です。カカトが減ってているのをそのまま履き続けると、足に無理な負担がかかりますし、少し格好が悪いので早めの修理を検討しましょう。又、減りすぎる前に修理を検討してください。減りすぎていた場合は別料金がかかってしまいますし、場合によってはオールソール修理が必要な場合もあります。 カカト補修 両足 2500〜3500円   ハーフソール交換 日本語では「半張り」とも言われています。歩いていて滑る場合や今後長く使っていきたい場合は、ハーフソール修理を検討しましょう。購入後新品のままハーフソール修理をされる方も多く、革靴ではカカトの次にハーフソールの修理依頼が多いです。 ハーフラバーソール 2500~3500円 ジャンカルロモレリのソールは非常にくっつきにくい素材です。カカト修理でもハーフソール修理でも特殊な処理を行ってから接着します。万が一すぐに剥がれてしまった場合は無償で再修理させていただきます。   オールソールでの修理 アッパーの出来は高級紳士靴と遜色ないぐらいに見えるのですが、ソール全体は値段相応の品質のため「カカトだけ」「ハーフソールだけ」ではなくオールソール修理をしてしまえば安心です。ですが新品での金額が安いので使いやすさや愛着などによってご検討をお願いいたします。それでもオールソールやリソールをされる方も多いです。 ソール全体を交換するオールソール修理を施すことで靴底が新品状態まで復元することが可能です。またソールのタイプはレザー、ラバーだけではなくソールパターンなども選択できます。 オールソール 12,000~15,000円 リソール 8000~1万円   靴のストレッチ(サイズ調整) 購入した時は丁度いいと思ったジャンカルロモレリの靴も、きつい、指が当たる、甲が擦れるといった場合、ストレッチにて伸ばすことが出来ます。 ストレッチ 2500~4000円     アッパーレザーの染色やクリーニング 対応してくれる店舗が少ないのがアッパーレザーの染色です。クリームや磨きだけでは解決できないレザーの色スレなどは染色を検討しましょう。また定期的な靴クリーニングもオススメです。レザーの状態を最適に保つことができます。 部分染色 6000~9000円 全体染色 12000~15000円 革靴クリーニング 3000~4000円   その他ジャンカルロモレリの靴修理でお困りならまずは無料のメール見積もりをご利用ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]  ...

「ステファノロッシの革靴のカカトが減ってきたのでなおしたい」 「すごい滑るようになってしまった!」 といった、ステファノロッシの革靴修理についてブランドシューズの修理専門職人が分かりやすく解説いたします。 ステファノロッシ(stefanorossi)は三木正浩によって創業された日本の大手シューズチェーン「ABCマート」が展開するプライベートブランドです。イタリアテイストの紳士向け革靴を主に取り扱っています。比較的安価の割に見た目の高級感が秀逸で、紳士靴修理の依頼ではリーガルと対をなしてステファノロッシが多いかもしれません。 ステファノロッシのメーカー修理 オリジナルのパーツでの修理にこだわりなら、ステファノロッシの靴の修理はメーカーに依頼しましょう。 ステファノロッシ メーカー修理の場合 見積もりや納期に時間がかかる場合が多い 修理の内容によっては修理を受付けない場合もある 修理金額が高額になる場合が多い ステファノロッシ オンラインショップ [blogcard url="https://www.abc-mart.net/shop/r/r1189/"] ステファノロッシ 靴修理専門店での修理 メーカーオリジナルのパーツにこだわらなければステファノロッシの靴は修理専門店での修理がオススメです。 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 メーカーで断られた修理も可能な場合が多い 修理金額はメーカー修理と比較すると安価に収まるケースが多い 直接修理職人に修理依頼が出来細かな要望を伝えやすい 他の修理店などで断られてしまった修理に関しても諦めずにまずは無料見積からどうぞ! それでは当サイトの修理サンプルを参照にステファノロッシで多い修理を解説していきます。   カカト・ヒールの交換 カカトはどんな歩き方でもどんなに丈夫な素材であっても減ってしまう消耗する箇所です。カカトが減ってているのをそのまま履き続けると、足に無理な負担がかかりますし、少し格好が悪いので早めの修理を検討しましょう。又、減りすぎる前に修理を検討してください。減りすぎていた場合は別料金がかかってしまいますし、場合によってはオールソール修理が必要な場合もあります。 カカト補修 両足 2500〜3500円   ハーフソール交換 日本語では「半張り」とも言われています。歩いていて滑る場合や今後長く使っていきたい場合は、ハーフソール修理を検討しましょう。購入後新品のままハーフソール修理をされる方も多く、革靴ではカカトの次にハーフソールの修理依頼が多いです。 ハーフラバーソール 2500~3500円 ステファノロッシのソールは非常にくっつきにくい素材です。カカト修理でもハーフソール修理でも特殊な処理を行ってから接着します。万が一すぐに剥がれてしまった場合は無償で再修理させていただきます。 [caption id="attachment_17021" align="alignnone" width="300"] ↑ ソールがあまり良くない[/caption]   オールソールでの修理 アッパーの出来は高級紳士靴と遜色ないぐらいに見えるのですが、ソール全体は値段相応の品質のため「カカトだけ」「ハーフソールだけ」ではなくオールソール修理をしてしまえば安心です。ですが新品での金額が安いので使いやすさや愛着などによってご検討をお願いいたします。それでもオールソールやリソールをされる方も多いです。 ソール全体を交換するオールソール修理を施すことで靴底が新品状態まで復元することが可能です。またソールのタイプはレザー、ラバーだけではなくソールパターンなども選択できます。 オールソール 12,000~15,000円 リソール 8000~1万円   靴のストレッチ(サイズ調整) 購入した時は丁度いいと思ったステファノロッシの靴も、きつい、指が当たる、甲が擦れるといった場合、ストレッチにて伸ばすことが出来ます。 ストレッチ 2500~4000円     アッパーレザーの染色やクリーニング 対応してくれる店舗が少ないのがアッパーレザーの染色です。クリームや磨きだけでは解決できないレザーの色スレなどは染色を検討しましょう。また定期的な靴クリーニングもオススメです。レザーの状態を最適に保つことができます。 部分染色 6000~9000円 全体染色 12000~15000円 革靴クリーニング 3000~4000円   その他ステファノロッシの靴修理でお困りならまずは無料のメール見積もりをご利用ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]  ...

「 ブーツのかかとが減ってきたのでなおしたい」 「ソールが壊れていてよく分からない状態!」 といった、 オーストラリア・ラックス・コレクティブのブーツ・靴修理について修理専門職人が分かりやすく解説いたします。 オーストラリア ラックス コレクティブ(Australia Luxe Collective)はオーストラリアはメルボルンで生まれたシープスキンブーツのブランドです。2003年に「LOVE FROM AUSTRALIA」として設立され、2009年に現在の名前に変更され、ブリトニースピアーズやパリスヒルトンなど著名人にも人気です。 それでは早速 オーストラリア・ラックス・コレクティブはどういった修理が可能なのかについてみていきましょう。 Australia Luxe Collective メーカー修理 オリジナルのパーツでの修理にこだわりなら、 オーストラリア・ラックス・コレクティブの靴の修理はメーカーに依頼しましょう。 メーカー修理の場合 見積もりや納期に時間がかかる場合が多い 修理の内容によっては修理を受付けない場合もある 修理金額が高額になる場合が多い オーストラリア・ラックス・コレクティブ 公式ホームページ [blogcard url="https://australialuxeco.com/"]   Australia Luxe Collective 靴修理専門店での修理 メーカーオリジナルのパーツにこだわらなければ オーストラリア・ラックス・コレクティブの靴は修理専門店での修理がオススメです。 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 メーカーで断られた修理も可能な場合が多い 修理金額はメーカー修理と比較すると安価に収まるケースが多い 直接修理職人に修理依頼が出来細かな要望を伝えやすい 他の修理店などで断られてしまった修理に関しても諦めずにまずは無料見積からどうぞ! かかと・ヒールの交換 耐久性の高い オーストラリア・ラックス・コレクティブのソールも長く履いているとかかとがすり減ってきます。かかとが減ってているのをそのまま履き続けると、足に無理な負担がかかりますし、少しかっこ悪いので早めの修理を検討しましょう。 かかと補修 両足 2500〜3500円   リソール修理 新品購入時にソール補強をして長く履きたいといった場合にはソールシールドもしくはリソールをしましょう。オリジナルのソールイメージを変えたくないといった場合はソールシールド、ソールの厚みをだしてより長く履きたいと言う場合はリソールとなります リソール修理 8000~1万円   靴のストレッチ(サイズ調整) 購入した時は丁度いいと思った オーストラリア・ラックス・コレクティブの靴も、きつい、指が当たる、甲が擦れるといった場合、ストレッチにて伸ばすことが出来ます。 ストレッチ 2500~4000円   雨シミができてしまったら 雨に強いからといって濡れたままそのままにしておくと、雨シミができてしまいます。そういった場合にはご自宅でのメンテナンスはなかなか困難です。専門店にクリーニングに出しましょう。大抵の雨シミはブーツクリーニングすることで解消もしくは緩和できます。 ブーツクリーニング 4000~5000円   オーストラリア・ラックス・コレクティブの靴修理は上記以外の修理ももちろん可能です。ブランド靴の修理を専門に経験を積んできた靴修理職人が修理をするので安心です。もう履けない、直せないかな?とお悩みの場合まずは無料のメール見積もりをお気軽にご利用ください。 靴修理専門店タロンタロンでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 郵送での修理も可能ですが修理よりもカスタムに近い修理依頼・靴のサイズ調整を含む修理内容の場合、など来店での修理をおススメしています。来店での修理をご希望の場合には下記のページを参照ください。 [blogcard url="https://talontalon.net/store-information/"] [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/'...