ドクターマーチンの靴やブーツ修理でお困りならこちらのページを参照ください。どういった修理が可能なのか経験豊富な職人が詳しく解説していきます。 「ドクターマーチンってメーカー修理できるの?」 「修理の際にはオリジナルとデザインが変わってしまうの?」 といった疑問をお持ちの方は、まずはこちらのページからどうぞ! ドクターマーチン(Dr.Martens)はイギリスのシューズブランドです。 実は近年メーカーでの修理が不可になりました。「それじゃあ修理は諦めるしかないの?」という方も安心してください。 靴修理専門店ならビブラムソールなどの汎用ソールでの修理が可能です!まだまだ履きたいといった場合には専門店に修理を依頼しましょう。 [caption id="attachment_15807" align="alignnone" width="300"] ドクターマーチンのソールは実に特殊な製法によって作られています。この特殊なソールがクッション性の良さを生み出しています。[/caption] マーチンでアイコニックなのが8ホールブーツです。発売当初はその高い耐久性からブルーカラーワーカーから絶大な支持を得ました。またパンクミュージックや反骨精神とともに歩んできたのがマーチンです。現在も音楽関係の人々に愛されているブーツと言っても過言ではないでしょう。 そんなマーチンのブーツや革靴が故障してしまった場合には、まずはこちらのページを参照してみてください。 ドクターマーチンの靴修理案内 それでは当サイトの靴修理サンプルを参照にどういった修理が多いのかについて解説していきます。マーチンで多いのは主にソール(靴底)関連の修理ですが、アッパーの修理ももちろん可能です。 ソールの剥がれ マーチンのソールが剥がれた場合は接着修理が可能です。ソールに塩化ビニールが使われていてとても付きにくいですが、専用のソールプライマーと接着剤を使用するのでしっかりと接着できます。 ソール再接着 3000~4000円   ソールの摩耗、劣化、すり減りの修理 [caption id="attachment_15814" align="alignnone" width="300"] マーチンのソールは実に減りづらく長持ちするのが特徴です。長く愛用してかかとが減ってきたら写真のようにかかとのみの修理が可能。[/caption] [caption id="attachment_15815" align="alignnone" width="300"] かかとタイプと色バリエーションは数種類から選択可能。[/caption] [caption id="attachment_16116" align="alignnone" width="225"] ソールのかかと部のみ削れています。こういった場合にはかかとの斜め修理にて対応。[/caption] [caption id="attachment_16117" align="alignnone" width="225"] 堅牢なソールも長く愛用していると減ってきます。写真ぐらい削れてきたら、修理に出してください。これ以上削れないように注意![/caption] [caption id="attachment_16119" align="alignnone" width="225"] 修理アフター。部分的に修理することでソールを補強します。[/caption] マーチンで一番多い修理依頼はソール摩耗やすり減りの修理です。 ソール修理の際にはオリジナルのウェルト部などを残しての修理になる。デザインをそれほど変更することなく修理可能ですのでおすすめです。 かかとのみがすり減っている場合にはかかとの斜め補修もしくはかかとリフト取り付けにて対応します。またソール全体が消耗している場合にはオールソールという方法にて修理します。 ソールイメージをオリジナルから変更したいといった場合にはソールカスタムがおすすめです。自分だけのマーチンにカスタムすることが可能です。 かかと斜め補修 3000~4000円 リフト取り付け 3000~4000円 オールソール 13000~15000円 ソールカスタム 13000~15000円   アッパーレザーの修理 [caption id="attachment_15806" align="alignnone" width="300"] 劣化すると足にあたって痛いのは履き口パイピング部の劣化です。この部分は合皮で出来ていることが多く、劣化することがあります。[/caption] マーチンの履き口部のパイピングは合皮になっています。長く愛用していると劣化してくるので注意しましょう。 [caption id="attachment_15812" align="alignnone" width="300"] このタイプの履き口も張替え可能。[/caption] 合皮劣化してしまった場合にも張替えにて修理対応できます。本革にて張替えするので、強度は強くなります。 パイピング張替え 7000~9000円 履き口補修 5000~6000円   よくある質問 修理出そうかどうか迷っている方はまずはよくある質問にて疑問を解決してみましょう。 ◯オールソール修理を依頼する場合、履き心地は変わりますか? はい、履き心地は変わります。マーチンオリジナルのソールではないため、ある程度履き心地は変更となります。世界最大のソールメーカー、ビブラム社のソールを使用しているので履き心地が極端に悪くなることはありません。 ◯他店にて断られてしまったブーツですが、修理見積もりは可能でしょうか? はい、可能です。他店やメーカーにて修理を断られてしまった場合にも諦めずに見積もりを依頼しましょう。 ◯修理後にデザインは変わりますか? かかと修理、オールソールともにデザインはある程度変更になります。 ◯ブーツアッパーのレザー破れは修理できますか? 特殊な破れを除いて、補強修理が可能です。破れている部分を補強してステッチを入れる修理になるケースが多いです。 ◯ソールのタイプは選べるのでしょうか? はい、選択可能です。軽いソールや滑りづらいものなど希望に合わせてのカスタム修理が可能です。   靴修理専門店タロンタロンの所在地 住所:272-0021 千葉県市川市八幡2-13-12 電話番号:047-704-9444 営業時間:10~19時(火曜定休) 支払い方法:各種クレジットカード利用可能 その他マーチンの靴やブーツ修理に関しては無料のメール見積もりにてご相談ください。 郵送と来店での修理が可能です。来店での修理を希望の場合には下記のリンクを参照の上、店舗までご来店ください。 [blogcard url="https://talontalon.net/store-information/"] 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon=''...