アルフレッドバニスターやオゥバニスターの靴修理案内

アルフレッドバニスターのメンズブーツ

バニスターのレザーブーツ。サイドジップがタブルになっているタイプ。

メンズ、レディースともに人気のあるアルフレッドバニスターやオゥバニスターの靴修理について解説していきます。

アルフレッドバニスターなどの靴を長く愛用したいといった場合には修理やメンテナンスは欠かせません。こちらのページを参照の上、経験が豊富な修理店に依頼しましょう。

アルフレッドバニスターはアバハウスインタナショナルが展開しているファッションブランドです。アルフレッドバニスターの他オゥバニスターなどの商品ラインもあります。

バニスターの靴やブーツ修理について

それでは当サイトの修理サンプルを参照にバニスターの靴修理について解説していきます。

実はバニスターの靴は色々な修理が可能です。故障してしまっても諦めずに、見積り等を依頼しましょう。

一般シューズの修理メニューと参考料金

まずは基本的な修理を紹介します。

ソール全体図

オリジナルはレザーとラバーのコンビになっている。写真のようにソールパターンが消えてきたら修理の目安。

ファースリッポンなどはソール前面の補修がオススメです。スリッポンなどはソールが比較的薄いので早めにハーフソールを貼ることでアッパーを傷つけずに長く靴をはくことができます。

  • ハーフラバーソール 2500~3500円

 

バニスターのソールとかかと部分は意外と減りやすいので注意が必要です。気づいたらソールが削れすぎていた、といった事を避けるためにもソールとかかとは早めに交換をしてください。

かかと部のすり減り

かかと部分は定期的な修理が必要。

かかと修理ビフォー

修理ビフォー。かかとが削れて本体まで侵食しています。

修理アフター

かかと修理アフター。まだまだ長く履けます。

またかかとなどはオリジナルのものよりも耐久性の高いものに交換することが可能です。削れが早いのが気になる場合には耐久性の高いかかとリフトに交換しましょう。

  • リフト交換 2500~3500円

 

バニスターのブーツ修理について

秋冬に重宝するバニスターのブーツ。レザーアッパー、ラバーソールが多いが特徴です。

アッパーのレザーは染色が出来るタイプとそうでないものがあるので注意しましょう。色がスレたりした場合には染色が出来るかどうか、専門店にて見積りを取りましょう。

またブーツの汚れが気になる場合にはブーツクリーニングを依頼しましょう。シーズンオフなどに依頼することで来年度もキレイな状態で履くことができます。

  • アッパーレザー染色 6000円~
  • ブーツクリーニング 3000~4000円

 

またzipブーツなど面白いデザインのブーツもあるバニスターですが、こういった特殊なタイプも修理可能です。

ダブルジップ部

サイドジップがダブルになっていて着脱が非常にしやすくなっている。スライダーやファスナー一式の交換が可能。

ファスナーが故障した際やソールが剥がれてしまった場合には靴修理専門店へ依頼するのがおすすめです。

  • ファスナー交換 7000~9000円
  • ソール再接着 3000~5000円

 

アッパーのステッチ切れ

写真のようにアッパーのステッチが切れてしまったらリステッチにてきれいに修理できます。

  • リステッチ 2000円~

 

その他人気のアルフレッドバニスターやオゥバニスターの修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積もりをご利用ください。

また来店での修理をご希望の場合には下記店舗案内を参照の上、店舗までご来店ください。

「本八幡駅近くで靴修理ができるお店はあるの?」「パンプス修理を他店で断られた」といった場合にはタロンタロン靴修理店をご利用ください。JR本八幡駅から徒歩2分にありますのでお気軽にどうぞ。千葉県で靴修理の専門店をお探しの場合にはこちらのページを参照してみてください。千葉県では数少ない靴・パンプス・ブーツの修理専門店を紹介していきます。 隠れ店舗のタロンタロン靴修理店。見つからない場合には電話にてご連絡ください。他店にて断られてしまった靴やハイブランドの靴も専門店なら修理が可能な場合が多くなっていま...

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。

靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK