「アレンエドモンズの靴修理はどこまで可能なの?」 「レザーの染色は可能なの?」といった場合にはこちらのページから。アレンエドモンズの靴修理についてブランドシューズの修理専門職人が分かりやすく解説いたします。 アレンエドモンズ(Allen Edmonds)はアメリカを代表する革靴の製造メーカーです。アメリカの革靴でオールデンと並んで著名なブランドでもあります。ドクターマーチン同様のクッションソールは非常に快適な履き心地となっています。またソール自体の耐久度も非常に高くすり減りづらくなっています。 それでは早速アレンエドモンズはどういった修理が可能なのかについてみていきましょう。 アレンエドモンズのメーカー修理 初期不良の可能性が在る場合や保証期間中の場合にはメーカーでの修理を一度検討してください。保証の範囲内の場合に歯無償デの修理が可能なケースもあります。 メーカー修理の注意点 見積もりや納期に時間がかかる場合が多い 修理の内容によっては修理を受付けない場合もある 修理金額が高額になる場合が多い アレンエドモンズ 公式通販サイト [blogcard url="https://www.tradingpost-online.jp/fs/tradingpost/c/allenedmonds"] アレンエドモンズの靴修理専門店での修理 メーカーオリジナルのパーツにこだわらなければアレンエドモンズの靴は修理専門店での修理がオススメです。 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 メーカーで断られた修理も可能な場合が多い 修理金額はメーカー修理と比較すると安価に収まるケースが多い 直接修理職人に修理依頼が出来細かな要望を伝えやすい 他店にて断られてしまった修理に関しても諦めずにまずは無料見積からどうぞ! カカト・ヒールの交換 カカトはどんな歩き方でもどんなに丈夫な素材であっても減ってしまう消耗する箇所です。カカトが減ってているのをそのまま履き続けると、足に無理な負担がかかりますし、少し格好が悪いので早めの修理を検討しましょう。又、減りすぎる前に修理を検討してください。減りすぎていた場合は別料金がかかってしまいますし、場合によってはオールソール修理が必要な場合もあります。 カカト補修 両足 2500〜3500円   オールソールでの修理 1年~2年程度定期的に履いたアレンエドモンズの革靴はオールソールにてメンテナンスすると更に長く愛用することが可能です。オールソールの際には職人が革靴の状態を全体的に調整するので定期的に出すのがいいでしょう。ソール全体を交換するオールソールをすることで靴底が新品状態まで復元することが可能です。またソールのタイプはレザー、ラバーだけではなくソールパターンなども選択できます。 オールソール 12,000~15,000円   アッパーの色補修、靴クリーニング レザーの色が擦れて落ちてしまった場合や退色してしまったら、染色にて対応しましょう。 元のレザーの色に合わせて染色するので購入児に近い色まで復元することができます。 部分染色 6000~9000円 全体染色 12000~15000円 革靴クリーニング 3000~4000円   靴のストレッチ(サイズ調整) 購入した時は丁度いいと思ったアレンエドモンズの靴も、きつい、指が当たる、甲が擦れるといった場合、ストレッチにて伸ばすことが出来ます。 ストレッチ 2500~4000円   アレンエドモンズの靴修理は上記以外の修理ももちろん可能です。ブランド靴の修理を専門に経験を積んできた靴修理職人が修理をするので安心です。もう履けない、直せないかな?とお悩みの場合まずは無料のメール見積もりをお気軽にご利用ください。 靴修理専門店タロンタロンでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 郵送での修理も可能ですが修理よりもカスタムに近い修理依頼・靴のサイズ調整を含む修理内容の場合、など来店での修理をおススメしています。来店での修理をご希望の場合には下記のページを参照ください。 [blogcard url="https://talontalon.net/store-information/"] [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「ジョージ・コックスの履き口が傷んできた」 「ソールの修理はどの程度可能なの?」といった場合にはこちらのページから。 ジョージコックスの靴修理についてブランドシューズの修理専門職人が分かりやすく解説いたします。 ジョージコックスは1906年にイギリス ノーザンプトンにて創業したシューズブランドです。創業当時からグッド製法を採用するなど品質の高い革靴を製造していたことでも有名です。 ジョージコックスと切っても切り離せないのがパンクミュージックなどとの関係です。セックスピストルズやダムドなどのミュージシャンが履くことでさらに世界的に知られる事になりました。 それでは早速ジョージコックスはどういった修理が可能なのかについてみていきましょう。 ジョージコックスのメーカー修理と靴修理専門店での修理 メーカーオリジナルのパーツにこだわる場合はメーカーでの修理を依頼しましょう。材料があるものについてはオリジナルと同様の材料にて修理できるのでオススメです。 ◯ジョージコックス公式サイト(修理について) [blogcard url="https://www.georgecox-shop.jp/repair/"] メーカー修理では高いなと感じた場合などには、靴修理専門店に依頼しましょう。 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 メーカーで断られた修理も可能な場合が多い 修理金額はメーカー修理と比較すると安価に収まるケースが多い 直接修理職人に修理依頼が出来細かな要望を伝えやすい それでは早速のジョージコックスの靴はどういった修理ができるのかについて見ていきましょう。 メーカーにて断られてしまった修理に関しても諦めずにまずは無料見積からどうぞ! カカト・ヒールの交換 ジョージコックスオリジナルのクレープソールはある程度履いていると地面と擦れて、すり減ってきます。そういった場合には部分的に修理が可能です。 オリジナルに似寄りのクレソールにて修理します。クレープソールが滑りやすい場合にはラバーソールをおすすめしています。ソール全体を補強するリソールは滑りやすい場合にも有効です。 かかとのみ補修 2500〜4000円 リソール 8000〜1万円   オールソールでの修理 2年程度定期的に履いたジョージコックスの革靴はオールソールにてメンテナンスすると更に長く愛用することが可能です。オールソールの際には職人が革靴の状態を全体的に調整するので定期的に出すのがいいでしょう。 ソールタイプはオリジナルに近いクレープソールやラバーソールから選択できます。メーカー修理よりかなり安く修理できるのでおすすめです。オリジナルの素材にこだわらななければ比較的安く修理ができます。 オールソール 13,000~15,000円   アッパーの色補修・クリーニング 愛用しているジョージ・コックスのレザーが擦れてしまったら染色や補色を検討してください。 また、セルフメンテナンスでは落しきれない汚れや、シミがついてしまうこともあります。 そういった場合にも、職人による靴のクリーニング、染色などでの修理がオススメです。オリジナルの色に合わせて染色するので、染色後に違和感が残ることはありません。 部分染色 6000~9000円 全体染色 12000~15000円 革靴クリーニング 3000~4000円   靴のストレッチ(サイズ調整) 購入した時は丁度いいと感じた革靴も履いているうちに、きつい、指が当たる、甲が擦れるといった不具合我出ることもあります。 実は革靴はストレッチにてワイズや縦幅を伸ばすことが出来ます。 ストレッチ 2500~4000円   ジョージ・コックスの靴修理は上記以外の修理ももちろん可能です。ブランド靴の修理を専門に経験を積んできた靴修理職人が修理をするので安心です。もう履けない、直せないかな?とお悩みの場合まずは無料のメール見積もりをお気軽にご利用ください。 靴修理専門店タロンタロンでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 郵送での修理も可能ですが修理よりもカスタムに近い修理依頼・靴のサイズ調整を含む修理内容の場合、など来店での修理をおススメしています。来店での修理をご希望の場合には下記のページを参照ください。 [blogcard url="https://talontalon.net/store-information/"] [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「オーベルシーの履き口が傷んできた」 「レザーの染色は可能なの?」といった場合にはこちらのページから。 オーベルシーの靴修理についてブランドシューズの修理専門職人が分かりやすく解説いたします。 オーベルシー(Aubercy)は1935年に創業したフランスのレザーシューズブランドです。イギリスにて修行した創業者がパリにてスタート。創業当初はイギリスの影響を強く受けていたが、現在はイギリスのトラッドとフランスの完成を程よくミックスした革靴となっています。 それでは早速オーベルシーはどういった修理が可能なのかについてみていきましょう。 オーベルシーの靴修理専門店での修理 メーカーオリジナルのパーツにこだわらなければオーベルシーの靴は修理専門店での修理がオススメです。 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 メーカーで断られた修理も可能な場合が多い 修理金額はメーカー修理と比較すると安価に収まるケースが多い 直接修理職人に修理依頼が出来細かな要望を伝えやすい それでは早速のオーベルシーの靴はどういった修理ができるのかについて見ていきましょう。 他店にて断られてしまった修理に関しても諦めずにまずは無料見積からどうぞ! カカト・ヒールの交換 オリジナルのレザーリフトはある程度履いていると地面と擦れて、すり減ってきます。そういった場合には削れすぎる前にリフト交換にて修理してください。 オリジナルに似寄りのレザーリフトや滑りにくいラバーリフトなどから選択できるのでおすすめの修理です。 リフト交換 両足 3000〜4000円 オールソールでの修理 2年程度定期的に履いたオーベルシーの革靴はオールソールにてメンテナンスすると更に長く愛用することが可能です。オールソールの際には職人が革靴の状態を全体的に調整するので定期的に出すのがいいでしょう。 ソール全体を交換するオールソールをすることで靴底が新品状態まで復元することが可能です。 またソールのタイプはレザー、ラバーだけではなくソールパターンなども選択できます。 オールソール 12,000~15,000円 修理と同時に靴クリーニングも ハイブランドの革靴で一押しなのが修理と同時の靴クリーニングです。普段はあまり気にすることのない革靴の汚れですが、定期的なクリーニングをすることでしっかりと落とすことが可能です。 オーベルシーの場合は自宅での洗浄は困難です。必ず専門店に依頼しましょう。 部分染色 6000~9000円 全体染色 12000~15000円 革靴クリーニング 3000~4000円 靴のストレッチ(サイズ調整) 購入した時は丁度いいと感じた革靴も履いているうちに、きつい、指が当たる、甲が擦れるといった不具合我出ることもあります。 実は革靴はストレッチにてワイズや縦幅を伸ばすことが出来ます。相談することがあまり出来ない革靴のサイズ調整もおまかせください。 ストレッチ 2500~4000円 オーベルシーの靴修理は上記以外の修理ももちろん可能です。ブランド靴の修理を専門に経験を積んできた靴修理職人が修理をするので安心です。もう履けない、直せないかな?とお悩みの場合まずは無料のメール見積もりをお気軽にご利用ください。 靴修理専門店タロンタロンでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 郵送での修理も可能ですが修理よりもカスタムに近い修理依頼・靴のサイズ調整を含む修理内容の場合、など来店での修理をおススメしています。来店での修理をご希望の場合には下記のページを参照ください。 [blogcard url="https://talontalon.net/store-information/"] [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「エンツォボナフェのかかとが斜めに削れてしまった」 「レザーの染色は可能なの?」といった場合にはこちらのページから。 エンツォボナフェの靴修理についてブランドシューズの修理専門職人が分かりやすく解説いたします。 エンツォボナフェ(Enzo Bonafe)はイタリアの名門シューズブランドです。日本のみではなく世界で有名になった今でも手作業にて妥協のない靴作りをしているブランドとしても有名です。 人気のダブルモンクなどの靴を長く愛用している場合には修理やメンテナンスもしっかりするのがおすすめです。 それでは早速エンツォボナフェはどういった修理が可能なのかについてみていきましょう。 エンツォボナフェの靴修理専門店での修理 メーカーオリジナルのパーツにこだわらなければエンツォボナフェの靴は修理専門店での修理がオススメです。 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 メーカーで断られた修理も可能な場合が多い 修理金額はメーカー修理と比較すると安価に収まるケースが多い 直接修理職人に修理依頼が出来細かな要望を伝えやすい それでは早速のエンツォボナフェの靴はどういった修理ができるのかについて見ていきましょう。 他店にて断られてしまった修理に関しても諦めずにまずは無料見積からどうぞ! カカト・ヒールの交換 オリジナルのレザーリフトはある程度履いていると地面と擦れて、すり減ってきます。そういった場合には削れすぎる前にリフト交換にて修理してください。 オリジナルに似寄りのレザーリフトや滑りにくいラバーリフトなどから選択できるのでおすすめの修理です。 リフト交換 両足 3000〜4000円 オールソールでの修理 2年程度定期的に履いたエンツォボナフェの革靴はオールソールにてメンテナンスすると更に長く愛用することが可能です。オールソールの際には職人が革靴の状態を全体的に調整するので定期的に出すのがいいでしょう。 ソール全体を交換するオールソールをすることで靴底が新品状態まで復元することが可能です。 またソールのタイプはレザー、ラバーだけではなくソールパターンなども選択できます。 オールソール 12,000~15,000円 アッパーの色補修・クリーニング エンツォボナフェのレザー部の色落ちなどが気になる場合には染色にて補色が可能です。 また、セルフメンテナンスでは落しきれない汚れや、シミがついてしまうこともあります。 そういった場合にも、職人による靴のクリーニング、染色などでの修理がオススメです。オリジナルの色に合わせて染色するので、染色後に違和感が残ることはありません。 部分染色 6000~9000円 全体染色 12000~15000円 革靴クリーニング 3000~4000円 靴のストレッチ(サイズ調整) 購入した時は丁度いいと感じた革靴も履いているうちに、きつい、指が当たる、甲が擦れるといった不具合我出ることもあります。 実は革靴はストレッチにてワイズや縦幅を伸ばすことが出来ます。 ストレッチ 2500~4000円 エンツォボナフェの靴修理は上記以外の修理ももちろん可能です。ブランド靴の修理を専門に経験を積んできた靴修理職人が修理をするので安心です。もう履けない、直せないかな?とお悩みの場合まずは無料のメール見積もりをお気軽にご利用ください。 靴修理専門店タロンタロンでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 郵送での修理も可能ですが修理よりもカスタムに近い修理依頼・靴のサイズ調整を含む修理内容の場合、など来店での修理をおススメしています。来店での修理をご希望の場合には下記のページを参照ください。 [blogcard url="https://talontalon.net/store-information/"] [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「ソロヴェアーのかかとが斜めに削れてしまった」 「レザーの染色は可能なの?」といった場合にはこちらのページから。 ソロヴェアーの靴修理についてブランドシューズの修理専門職人が分かりやすく解説いたします。 ソロヴェアー(Solovair)は革靴製造のメッカでもあるイギリス・ノーザンプトンにて1995年にスタートしたブランドです。もともと色々な靴を製造していたNPS Shoes Ltd.がドクターマーチンにライセンスを受けて販売しているブランドです。 ドクターマーチン同様のクッションソールは非常に快適な履き心地となっています。またソール自体の耐久度も非常に高くすり減りづらくなっています。 それでは早速ソロヴェアーはどういった修理が可能なのかについてみていきましょう。 ソロヴェアーのメーカー修理 初期不良の可能性が在る場合や保証期間中の場合にはメーカーでの修理を一度検討してください。 保証の範囲内の場合に歯無償デの修理が可能なケースもあります。 ○メーカー修理の注意点 見積もりや納期に時間がかかる場合が多い 修理の内容によっては修理を受付けない場合もある 修理金額が高額になる場合が多い ソロヴェアーの靴修理専門店での修理 メーカーオリジナルのパーツにこだわらなければソロヴェアーの靴は修理専門店での修理がオススメです。 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 メーカーで断られた修理も可能な場合が多い 修理金額はメーカー修理と比較すると安価に収まるケースが多い 直接修理職人に修理依頼が出来細かな要望を伝えやすい 他店にて断られてしまった修理に関しても諦めずにまずは無料見積からどうぞ! カカトやヒールの交換 耐久性の高いソロヴェアーのソールも長く履いているとかかとがすり減ってきます。 ソロヴェアーのソールは一体式ソールとなっていますが、専門店なら修理が可能です。 かかと補修 両足 2500〜3500 オールソールでの修理 1年~2年程度定期的に履いたソロヴェアーの革靴はオールソールにてメンテナンスすると更に長く愛用することが可能です。 オールソールの際には職人が革靴の状態を全体的に調整するので定期的に出すのがいいでしょう。 ソール全体を交換するオールソールをすることで靴底が新品状態まで復元することが可能です。 またソールのタイプはレザー、ラバーだけではなくソールパターンなども選択できます。 オールソール 12,000~15,000円 アッパーの色補修、靴クリーニング レザーの色が擦れて落ちてしまった場合や退色してしまったら、染色にて対応しましょう。 元のレザーの色に合わせて染色するので購入児に近い色まで復元することができます。 部分染色 6000~9000円 全体染色 12000~15000円 革靴クリーニング 3000~4000円 靴のストレッチ(サイズ調整) 購入した時は丁度いいと思ったソロヴェアーの靴も、きつい、指が当たる、甲が擦れるといった場合、ストレッチにて伸ばすことが出来ます。 ストレッチ 2500~4000円 ソロヴェアーの靴修理は上記以外の修理ももちろん可能です。ブランド靴の修理を専門に経験を積んできた靴修理職人が修理をするので安心です。もう履けない、直せないかな?とお悩みの場合まずは無料のメール見積もりをお気軽にご利用ください。 靴修理専門店タロンタロンでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 郵送での修理も可能ですが修理よりもカスタムに近い修理依頼・靴のサイズ調整を含む修理内容の場合、など来店での修理をおススメしています。来店での修理をご希望の場合には下記のページを参照ください。 [blogcard url="https://talontalon.net/store-information/"] [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「コルテはどういった靴修理が可能なの?」 「他店にて断られてしまった修理も受付可能?」 といった、コルテの靴の修理でお困りならこちらのページをご参照ください。ブランドシューズの修理専門職人が分かりやすく解説いたします。 コルテ(Corthay)はフランスのラグジュアリーシューズブランドです。ジョンロブやベルルッティなどにて経験を積んだピエール・コルテが1990年に創業したブランドです。美しいシルエットと複雑で上品なカラーリングがコルテの魅力の一つです。 そんなコルテの革靴やブーツが故障してしまったらまずは修理を検討してみてください。お気に入りのコルテの革靴は専門店での修理やメンテナンスがおすすめです。 コルテの靴修理専門店での修理やメンテナンス メーカーオリジナルのパーツにこだわらなければコルテの靴は修理専門店での修理を検討しましょう。 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 メーカーで断られた修理も可能な場合が多い 修理金額はメーカー修理と比較すると安価に収まるケースが多い 直接修理職人に修理依頼が出来細かな要望を伝えやすい それでは早速どういった靴修理ができるのかについてみていきましょう。他店にて断られてしまった修理に関しても諦めずにまずは無料見積からどうぞ! オールソールでの修理 1年~2年程度定期的に履いたコルテの革靴はオールソールにてメンテナンスすると更に長く愛用することが可能です。オールソールの際には職人が革靴の状態を全体的に調整するので定期的に出すのがいいでしょう。 オールソールの場合、ソールのタイプはレザー、ラバーだけではなくソールパターンなども選択できます。 コルテの革靴はレザーソールになっています。スリップか気になる場合などは購入時にラバーソールを貼るなどしましょう。また同時にリフトもラバーにすると更に滑りづらくなるのでオススメです。 オールソール 12,000~15,000円 ラバーソール 2500〜3000円 リフト交換 2500〜3000円 アッパーの色補修 深い色合いが魅力のコルテはアッパーの色落ちなどにも注意してください。 自宅でのメンテナンスではケア出来ない場合は専門店での色補修を依頼してください。 靴の修理職人による靴クリーニング、染色などでの対応が可能です。 部分染色 6000~9000円 全体染色 12000~15000円 革靴クリーニング 3000~4000円 アッパーの破れや傷み補修 メーカー修理では不可な場合が多い履き口の傷みや亀裂も、専門店なら修理可能です。傷んでしまったレザーを一度補強してから修理します。しっかりと強度が出るのでおすすめの修理です。 履き口張替え 5000~6000円 アッパー破れ補修 7000~9000円 靴のストレッチ(サイズ調整) 購入した時は丁度いいと思ったコルテの靴も、きつい、ゆびが当たる、甲が擦れるといった場合、ストレッチにて伸ばすことが出来ます。 ストレッチ 2500~4000円 コルテのスニーカーも修理は可能! 最近リリースされたコルテのスニーカー。愛用されている方は定期的な修理についても検討しましょう。 直らないと思っている方も多いスニーカーも実はいろいろな修理が可能です。 コルテの靴修理は上記以外の修理ももちろん可能です。ブランド靴の修理を専門に経験を積んできた靴修理職人が修理をするので安心です。もう履けない、直せないかな?とお悩みの場合まずは無料のメール見積もりをお気軽にご利用ください。 靴修理専門店タロンタロンでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 郵送での修理も可能ですが修理よりもカスタムに近い修理依頼・靴のサイズ調整を含む修理内容の場合、など来店での修理をおススメしています。来店での修理をご希望の場合には下記のページを参照ください。 [blogcard url="https://talontalon.net/store-information/"] [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「キャサリンハムネットはどういった靴修理が可能なの?」 といった、キャサリンハムネットの靴の修理でお困りならこちらのページをご参照ください。ブランドシューズの修理専門職人が分かりやすく解説いたします。 キャサリンハムネット(Katharine Hamnett)は1979年にスタートしたイギリスのファッションブランドです。モードやストリートなどのトレンドを取り入れたコレクションを発表しています。 洋服、時計、バッグなど商品のラインナップはとても豊富なのも特徴です。また同じくイギリスのブランドでもあるドクターマーチンやドイツのビルケンシュトックなどともコラボ商品を多数ラインナップしています。 そんなキャサリンハムネットの革靴やサンダルが故障してしまったらまずは修理を検討してみてください。足にフィットしたシューズは長く愛用するのがおすすめです。   キャサリンハムネットの靴修理専門店での修理 メーカーオリジナルのパーツにこだわらなければキャサリンハムネットの靴は修理専門店での修理を検討しましょう。 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速 メーカーで断られた修理も可能な場合が多い 修理金額はメーカー修理と比較すると安価に収まるケースが多い 直接修理職人に修理依頼が出来細かな要望を伝えやすい それでは早速どういった靴修理ができるのかについてみていきましょう。他店にて断られてしまった修理に関しても諦めずにまずは無料見積からどうぞ! オールソールでの修理 1年~2年程度定期的に履いたキャサリンハムネットの革靴はオールソールにてメンテナンスすると更に長く愛用することが可能です。オールソールの際には職人が革靴の状態を全体的に調整するので定期的に出すのがいいでしょう。 ソール全体を交換するオールソールをすることで靴底が新品状態まで復元することが可能です。 またソールのタイプはレザー、ラバーだけではなくソールパターンなども選択できます。 オールソール 12,000~15,000円   アッパーの色補修 お気に入りの靴はアッパーに傷がついてしまうことがあります。メーカーなどでは対応が不可能なのことが多い色の補修も可能です。 靴の修理職人による靴クリーニング、染色などでの修理が可能です。 部分染色 6000~9000円 全体染色 12000~15000円 革靴クリーニング 3000~4000円   アッパーの破れや傷み補修 メーカー修理では不可な場合が多い履き口の傷みや亀裂も、専門店なら修理可能です。傷んでしまったレザーを一度補強してから修理します。しっかりと強度が出るのでおすすめの修理です。 履き口張替え 5000~6000円 アッパー破れ補修 7000~9000円   靴のストレッチ(サイズ調整) 購入した時は丁度いいと思ったキャサリンハムネットの靴も、きつい、ゆびが当たる、甲が擦れるといった場合、ストレッチにて伸ばすことが出来ます。 ストレッチ 2500~4000円   キャサリンハムネットの靴修理は上記以外の修理ももちろん可能です。ブランド靴の修理を専門に経験を積んできた靴修理職人が修理をするので安心です。もう履けない、直せないかな?とお悩みの場合まずは無料のメール見積もりをお気軽にご利用ください。 靴修理専門店タロンタロンでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。 郵送での修理も可能ですが修理よりもカスタムに近い修理依頼・靴のサイズ調整を含む修理内容の場合、など来店での修理をおススメしています。来店での修理をご希望の場合には下記のページを参照ください。 [blogcard url="https://talontalon.net/store-information/"] [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

「オールソールってどういった修理なの?」 と疑問に思ったらまずはこちらのページからどうぞ。経験豊富な修理職人が色々なオールソール修理について詳しく解説していきます。 単純にオールソール修理ついて知りたい方から、これから修理に出してみようかなといった人までまずはこちらのページからどうぞ。 オールソールってどういった修理? 「オールソール」は革靴などの靴底(ソール)全体を交換する修理となります。アメリカ等だとリソール(resole)などと呼ばれるのが一般的なようです。 ソール全体を交換するので、ソール全体とかかと部分も新しくなります(オールソール料金にかかと交換料金も含まれています) 靴底に関しても製法によって実に様々な種類があるのはご存知でしょうか?ソールとウェルトと呼ばれる部分を縫い付けてあるグッドイヤー、またソールが接着のみで取り付けられてあるものもあります。 オールソール修理の場合は通常オリジナルの製法に合わせて新しいソールを取り付けます。ソールを取り外した状態で靴全体の健康診断も行うので、そういった意味でも定期的に依頼するのがおすすめです。 稀に「自分でオールソール出来るのでしょうか?」という質問を受けることがあります。オールソール修理はラストなどの特殊な工具やフィニッシャーと呼ばれる専用機などを使用する高度な技術が必要です。ですので製靴や靴修理業界経験者でもない限り、ご自分での修理は難しいかと思います。 それではどのようなタイミングでオールソールするべきなのでしょうか?ソールがレザーやラバーのもので「靴底が薄くなってきたな」「歩行時に地面が近く感じる」といった状態が交換するのが一つの目安です。 またソールを横もしくは正面から見て全体的に薄くなってきたなと感じてきた場合もオールソールをおすすめする場合が多いです。 メーカーと専門店はどちら依頼するのが良いのか? 自分の革靴やブーツにオールソールが必要な場合、どういった店舗に修理を依頼すればいいのでしょうか? 当サイトにて依頼しているのはメーカー修理もしくは革靴修理専門店どちらかの修理依頼です。 ◯メーカー修理の特徴 オリジナルと同様のソールにて修理可能 納期が長くかかる場合が多い 修理料金は比較的高くなるケースが多い   オリジナルと同様のソールにて修理したいといった場合にはメーカーでの修理となります。 スコッチグレインやリーガルの靴はメーカー修理が充実しています。納期にこだわらない場合はメーカー修理を選択しましょう。 [blogcard url="http://www.takumijapan.co.jp/"] [blogcard url="https://www.regalshoes.jp/shop/e/e_repair/"] ブランドによってはメーカー修理自体を行っていない革靴もあります。そういった場合には靴修理専門店に依頼するのが安心です。 ◯靴修理専門店の特徴 特殊なオールソールも対応可能 メーカー修理よりも安く修理出来る場合が多い 納期は早い   料金をある程度安く済ませたい場合や、短納期を希望する場合には専門店にてオールソール依頼してください。 またメーカーにて断られてしまった修理に関しても対応が可能な場合が多くなっています。諦めずに益は見積もりするのがおすすめです。 色々なオールソールの参考料金 それでは気になるオールソール価格を見ていきましょう。 革靴一般 12000~18000円 2~4週間 パンプス 1万~15000円 2~4週間 ブーツ 12000~18000円 2~4週間 特殊なソール以外は上記料金にて修理が可能です。また納期に関しても一般的なタイプなら2~4週間となっています。 オールソール回数の上限目安 よくある質問の一つが「オールソールは何回まで可能なのですか?」という質問です。 理論的にはアッパー(靴の上部、ソールを除いた部分)が傷んでいなければ何回でも出来ます。しかしアッパーも劣化したり、傷んだりしてくるので無限にオールソール出来るというわけではないのです。 2年に1回程度オールソールするとして、3回で6年程度が一つの目安といってもいいかもしれません。3回目以降のオールソールに関しては、職人と相談しながら決めるのがいいかなと思います。 ビブラムソールを使用したオールソール オールソールにて一番良く使われる素材がビブラムソールです。世界最大のソールメイカーなので知っている方も多いかもしれません。 実はビブラムソールには何千種類ものソールタイプがあり、それぞれ多種多様なカラーや特性があります。 当サイトではその中から厳選したソールにてオールソールをしています。また好みのものを選択してのオールソールなども可能です。 スニーカーってオールソール出来るの? 最後にあまり知られていないスニーカーのオールソールを紹介します。当サイトの姉妹サイト「スニーカーアトラダム」ではスニーカー専用の工房にてオールソールを承っています。 ナイキ・アディダス・パトリックなどのオールソール実績が多数あるので、愛用のスニーカーを諦める前に一度相談ください。 スニーカーにとって加水分解は避けられない運命のようなものです。加水分解してしまったスニーカーはオールソールにて修理してあげましょう。 [blogcard url="http://sneaker-at-random.com"] その他の革靴などのオールソールでお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください! 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。   [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]  ...

フィールフルトゥのパンプス修理でお困りなら、まずはこちらのページを参照してみてください。どういった修理が可能なのかについて経験豊富な職人が解説していきます。 フィールフルトゥ(VielHuld)は2001年にスタートした日本のレディースシューズブランドです。「履き心地の良さ」と「デザイン性の高さ」が両立したブランドとしても有名です。 アッパーは主に高品質なイタリアンレザーを使用しており、またソール部はオリジナルで開発した素材を使用しています。アッパーとソールともに修理しながら長く愛用できる仕様であるのが特徴です。 履き心地の良いフィールフルトゥのパンプス、ついつい長く履きすぎてしまうことはありませんか?履きすぎて靴をだめにしてしまう前に、修理やメンテナンスについても予め知っておきましょう。 専門店のフィールフルトゥの靴修理案内 それでは当サイトの修理サンプルを参考にどういった修理が多いのかについて案内していきます。 他店にて断られてしまった修理に関しても、諦めずに相談ください。 靴底(ソール部)で多い修理や補強 フィールフルトゥでもやはり多いのが靴底の修理依頼です。仕事にてよく歩く方や立ち仕事が多い方などは靴底の消耗に気をつけましょう。 1年程度履いてある程度靴底が減ってきたら、リフト交換やハーフソールを検討してください。すり減った靴底を補強することができるので、まだまだ長く靴を愛用することが出来ます。 また雨の日などに滑りやすいなと感じるようになった場合にもリフト交換+ハーフソールは有効です。滑りにくい素材なども提案可能なので、専門店に相談してみましょう。 リフト交換 1500~2000円 ハーフソール 2000~2500円 サンダル・パンプスでおすすめのサイズ調整 「ちょっときつくて気になる」 「サイズがやや小さいので調整したい」 といった場合にはストレッチやサイズ調整がおすすめです。ちょっときつい、ちょっと大きいといった感じであればほとんどのケースで調整可能です。 フィールフルトゥの靴は上質なイタリアンレザーを使用しています。ストレッチでのサイズ調整が可能です。 またパンプスやサンダルのかかとが高いので調整したいといった場合もヒールカット等にて調整が出来ます。ちょっとヒールを低くして、あるきやすくしたいといった場合におすすめの修理です。 ストレッチ 2500~3500円 サイズ調整 2500円~ ヒールカット 2500~3500円 その他フィールフルトゥのパンプス・サンダル・ブーティーのお悩みは無料のメール見積もりをご利用ください。   [action full_width='no' content_in_grid='yes' type='simple' icon='' icon_size='' icon_color='' custom_icon='' background_color='#2f74eb' border_color='' show_button='yes' button_text='今すぐ問い合わせ' button_link='https://talontalon.net/inquiry/' button_target='' button_text_color='#fafafa' button_hover_text_color='' button_background_color='orange' button_hover_background_color='red' button_border_color='orange' button_hover_border_color=''] 靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ 2分で完了! 見積もりのみでもOK [/action]...

あなたはいままでに自分の靴を修理したことはありますか? それとも修理せずに新しい靴を買ってしまいますか? このページでは靴修理の基本から修理についての沢山の疑問や不安について、靴修理職人の飯島が回答していきます。 「靴を安く修理するにはどうしたらいいの?」 「安い靴は修理するより買い替えたほうがベターなのでは?」 「愛用の革靴を修理に出したいけれども、どこに出すのがいいの?」 こういった疑問をもっている方は多いはずです。愛用の靴を修理するにしても、しないにしてもまずは靴修理自体について詳しくなっておきましょう。 靴修理の基本のき 「靴修理ってかかとだけではないの?かかと以外にどういった修理ができるの?」 といった質問にまずは答えていきます。実は、靴修理は奥が深く職人の腕によっていろいろな修理が可能なのです。このページの最後に到達する頃には、もうすでにあなたは靴修理マイスターになっているはずです。 そもそもなんで修理するのか? 愛着がある革靴、まだまだ履きたいと思っているパンプスなどは修理して長く履いてあげるのが良いと思っています(筆者の個人的な意見ですが) また「修理」はとても環境にもいいのです。捨ててしまうとそのままゴミとなってしまう「靴」もかかとを修理するだけで、まだまだ長く愛用することが出来ます。修理した際にゴミとして出るのは古くなったかかと部分のみ!驚きなのは私だけでしょうか! 更には1年間履いた靴には愛着のみではなく、とても理にかなった利点があるのです。それが何かわかりますか? 数年いた靴には「履きやすさ」がプラスされているのです!どういったことでしょうか?足に靴を合わせるという言葉があるように、ある程度長い期間はいた靴は、自分の足型に少しずつフィットしてきます。この傾向は特に本革にて作られた靴にて躊躇に出ます。 そういった靴は修理して長く履いてあげるのが、足の健康にとってもいいことなのではないでしょうか。 どういった修理が可能なのか? 「靴修理」と言われても、どういった修理ができるのか具体的に思い浮かべられる人は意外と少ないのではないでしょうか? ここでは一番多い修理や基本的な靴修理について紹介していきましょう。 ◯一番依頼の多いかかと修理 どこの修理店でもおそらく一番多いのが、かかとの修理です。頻繁に革靴を履く人なら一度は修理を依頼したことがある比較的定番の修理なのではないでしょうか。 後ろからみてかかとが斜めに削れてしまった場合にはこちらの修理を依頼してください。 ◯滑り止め/減りどめのハーフソール 「雨の日の通勤はちょっと怖いな」 「お気に入りの革靴を大切に履きたい」 そんな風に感じているのであれば、ハーフソールという修理がおすすめですよ。ハーフソールは「半張り」とも呼ばれています。 修理方法として靴の前半分にラバー製の補強材を貼り付けて、靴ソール部分の補強をする修理になります。ハーフソールは滑り止めの効果も高いので、滑りやすい革靴などをもっている方は一度依頼してみてください。 ◯インソールの交換 インソール(中敷き)の汚れが気になる!というお悩みをもっている方はインソール交換をしてみるといいかもしれません。特に汚れやすい夏場やインソールが目立ちやすいパンプスなどにおすすめの修理です。 また「履き心地が悪い」「歩きにくくて、足が疲れる」といった場合にもインソールを変更することで、状態が改善する場合があります。そういった場合には専門店にて経験豊富な職人に相談してみてください。 インソールのタイプや色も実に様々なものがあるので、オリジナルの色に合わせたりするカスタムが可能です。 上記3つの修理が靴修理専門店にて比較的依頼の多い修理です。革靴やパンプスのトラブルは、まずは修理専門店に相談してみましょう! お店に依頼した場合にかかる修理料金 気になる靴修理料金についても見ていきましょう。「修理って高いんじゃないの?」と思われている方は、まずはこちらからどうぞ。 ◯かかとの修理 ピンリフト交換 1000円 レディースリフト交換 1500~2000円 メンズリフト交換 2500~4000円 かかと斜め補修 2500~3500円   すべて両足の価格なので安心ください。 パンプスなどのピンヒールの先端部がピンリフトです。比較的安価に修理できるのでおすすめです。 その他のかかと修理に関してもレディース1500円前後、メンズで2500円前後にて修理できると想定しておけば、間違いないかと思います。 ◯ハーフソール ハーフソールもメンズとレディースでやや料金が異なります。お気に入りの革靴は購入時のハーフソール依頼がおすすめ。 靴修理初心者の方に特におすすめしたい修理メニューです。かかと修理の次はハーフソールと覚えましょう。 メンズハーフソール 2500~4000円 レディースハーフソール 2000~3000円   特殊な靴に関しては別途見積りが必要な場合もあるので、そういったケースには無料のメール見積もりを利用してください。 時間はどの程度かかるの? 店頭での修理、郵送での修理で所要時間は変動します。 ◯来店修理の場合 ピンリフト交換 5分~ かかと修理 30分~ ハーフソール 1時間~ オールソール 21日間~(お預かり)   ◯郵送修理の場合 ピンリフト 7日間~ かかと修理 7日間~ ハーフソール 7日間~ オールソール 21日間~   特殊な修理などは時間がよりかかる場合があるので、注意しましょう。 かかと修理などはスピーディーな修理ができるので、待っている間の修理なども可能です。 安く修理するにはどうしたらいいの? 「靴自体がやすかったので、修理も安く済ませたい」 こういった要望は実に多く、実際に多数の方から質問をもらいます。安い靴だけで愛着がある場合などは、下記に勧める2つの方法を試してみるのもいいかもしれません。 靴修理を安く済ませる方法を紹介します。 DIYのススメ 自分で靴修理?をやってみるのが一つ目の方法です。ある程度の時間と手先が器用な人におすすめです。 ◯DIYの注意点 自己責任にて作業する 修理アフターの見た目はそれほど良くない   使用する道具はシューグーという靴修理溶剤です。一般的に市販されているのでこちらを購入しましょう。 [blogcard url="https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%96%E3%82%B9-Columbus-%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%BC-100-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B009VDAFEI"] 専門店でも安く修理できるところはある 「自分で修理するのなんて、面倒すぎる」 「自分でやるくらいなら捨ててしまったほうがよい」 と思っている方に朗報ですよ。実は、専門店のなかにもお安く修理をしてくれる店舗があるのです。そういった店舗に修理を依頼してみてはいかがでしょうか? 初めて修理に出す際に知っておいてほしいこと 修理初心者の方に知っておいてほしいことをリストアップしてみました。修理後に後悔しないためにもまずは下記を参照してみてください。 1万円の靴を1万円で修理する そんなアホな!と考えるのが普通かもしれませんね。 けれども愛着があって捨てられない洋服やバッグって誰でも1点は持っているのではないでしょうか? 誕生日にもらった革靴、足にフィットしたパンプスなど思い入れがある靴を持っているのなら修理という選択肢を検討してもいいかもしれません。 実際自分の足にフィットした靴というのはとても貴重なものです。新調した靴が足に合わないという体験はとてもストレスフルなものです。 そういった場合に靴の修理をおすすめしています。まだまだこの靴・パンプスを履きたいといった場合は、購入価格と同じ金額でも修理してもいいのではないでしょうか。 かかと修理のその後には すり減った靴を直した際など、修理後にどういった変化があるのかを予め知っておきましょう。 ◯履き心地の変化 かかと修理、ハーフソール、インソール交換などをした際には、履き心地もある程度変更になるので注意しましょう。 特にかなりすり減ったかかとを修理した場合、履き心地は変化します。靴の大きな傾斜が改善されたために、はじめは違和感を感じる場合が多いようです。 そういった場合でも履き始めて1週間以内には履き心地に慣れてきます。また傾斜が改善されたため、足の健康にも良い影響を与えます。 ハーフソール、インソール交換、オールソールなどでも履き始めは一定の違和感があるので覚えておきましょう。 相見積もりのススメ 中古の車を売りに出す際と同様に、相見積もりはしておくに越したことはありません。この際に見る点は修理料金、納期、対応の良し悪し、修理経験の豊富さなどを見ると良いでしょう。 最近ではメールにて靴修理の無料見積をしてくれるサイトも増えたので、そういった店舗に依頼すると手間も省けます。 また保証書がある場合などは購入店と修理専門店にて相見積もりを取るのも一つの手です。 修理後に確認したいこと 初めて修理に出すのはとても不安なことです。修理後にはまずはきちんと修理されているかを確認しましょう。 修理に出す前に、修理箇所と靴全体の写真をとっておくと修理後に比較ができるので良いかもしれません。 また修理後には必ず実際に何日か履いての状態確認をしてみてください。見た目だけではしっかりと修理されているかわからない場合もあるためです。 さて、靴修理について知っておいてほしいことは以上となります。その他疑問点やこのページでは解決出来なかったことは、メール問い合わせにてご相談ください。  ...