職人が詳しく解説するコールハーンの靴修理|料金から修理方法まで

コールハーンのローファー

コールハーンのローファーは長く愛用できる定番靴。ソールはまめにメンテナンスしてください。

コールハーンの靴やスニーカーは修理可能なの?と疑問に思った場合にはこちらのページを参照してみてください。ブランド靴修理専門店の職人がコールハーンの靴修理について詳しく解説していきます。

コールハーン(Cole Haan)は1928年にアメリカ、シカゴでトラフトン・コール(Trafton Cole )とエディ・ハーン(Eddie Haan)のふたりが創業したブランドです。創業当時はメンズのシューズメーカーとしてのスタートでした。その後、レディースシューズも展開。現在では、メンズ、レディースのシューズのほか、バッグ、ウェア、アクセサリーなど幅広く商品展開をしています。メンズシューズから始まったブランドなので、現在もシューズに力を入れてマーケティング活動をしています。一度はナイキグループの傘下でしたが現在は売却されています。

同じくアメリカ発祥のシューズブランドで近年人気があるのがロックポートです。ロックポートの靴修理については下記の記事にて紹介していますので参照してみてください。

アッパーがいい味を出しているロックポート。履きなれた靴は修理して長く履くのが正解です。近年人気のあるロックポートの靴修理案内です。意外と情報が少ないロックポートの修理やメンテナンスでお困りの場合には、まずはこちらのページを参照してみてください。ロックポート(Rockport)はアメリカ ボストン発祥のカジュアルシューズブランドです。同じくアメリカ発祥のシューズブランドにコールハーンがあります。コールハーン修理については別途下記のページにて紹介していますので、覗いてみてください。一般的な「革靴」よりも...

コールハーンの靴 メーカー修理の場合

オリジナルと全く同じパーツ等にて修理を希望の場合にはメーカーに修理を依頼しましょう。
コールハーンの靴修理は購入店で修理の受付を行っています。
販売終了後一定期間が経過した製品、製品状態、構造や素材によっては修理を受付けてもらえないケースもあるようです。
コールハーンの靴をメーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • 海外購入品、並行輸入品は修理を受付けてもらえない場合がある
  • 見積もりや納期に長く時間がかかる
  • 修理金額が高額になる場合が多い
  • 状態によっては修理を断られること有り

〇コールハーン 公式サイト

COLE HAAN(コール ハーン)公式直営通販のオンラインストア。メンズ・ウイメンズ・キッズのライフスタイルブランド。クラフトマンシップに溢れた、タイムレスなスタイル、革新的なデザインを取り入れたシューズ、アクセサリーなどを多数取り揃えています。

 

コールハーンの靴 タロンタロンで修理の場合

コールハーンの靴修理は修理実績が豊富な専門店に修理を依頼するのが一般的で安心です。
オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早くなおしたいといった場合はタロンタロンでの修理を検討しましょう。

コールハーンの靴修理をタロンタロンに依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。

  • 海外で購入した製品や並行輸入品の修理も可能
  • 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速
  • 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い
  • メーカー修理で断られても見積もり可能
  • オリジナルのパーツでの修理は不可

◯タロンタロン 公式サイト

ブランド靴修理専門店靴・パンプス・ヒール・サンダル・ブーツなど履物の修理ならタロンタロンまで。靴修理専門店のきめ細やかなサービスで対応致します。修理の流れ郵送での靴修理依頼の際にはこちらのフローを参照ください。来店での依頼の場合には店舗情報を御覧ください。まずは修理ができるかどうか、大体の料金はいくらぐらいか簡易見積りをオススメします。見積りはこちら依頼の際には郵送にて靴をお送りください。靴が傷まないように梱包後、弊社住所まで元払いにてご発送ください。梱包は廃棄しても構わないものでお願いしま...

 
そんなコールハーンの靴は実は色々な修理が可能です。修理料金などの詳細は下記を参照してみてください。
それではタロンタロン靴修理工房の修理サンプルを参照にコールハーンの靴修理について詳しく解説していきます。
レザーアッパーのコールハーン

アッパーはレザーのシューズが多いコールハーン。メンテナンス次第でとても長く愛用できます。


ソールの劣化やミッドソール部分の接着など特殊な修理は通常の修理店や購入店では断られることも多くなっています。そういったケースも靴修理専門店なら8割がた修理が可能となっています。

愛用のコールハーンを捨ててしまう前にまずはこちらのページを参照してみてください。

カラフルなソールも同系の色にて修理可能!

修理ビフォー

修理ビフォー。靴底の真ん中部分に穴が空きそうなのがわかるでしょうか?

修理ビフォー横

修理ビフォー。横から見た状態。ソールが全体的に減ってきているのがわかります。

修理アフター

修理アフター。全体的に補強するリソールという修理。

修理アフター横

修理アフター。横から見てもそれほど目立ちません。

コールハーンで近年多いのがカラフルなソールのカジュアルシューズや紳士靴です。

カラフルなソールは一般の修理店での取扱がないことが多くなっています。当サイトでは特殊な赤、青、黄色、緑などのソールにも対応していますので、ご安心ください。

ソールを補修する際にはかかとのみ補修するか、ソール全体を修理するかになります。

かかととソール部

かかと部分はレザー&ラバーのコンビになっているタイプ。近いリフトにて交換ができます。

  • かかと補修 2500~3500円
  • リソール 7000~9000円
  • ハーフソール 2500~4000円

 

色、形状ともに特殊なものが多いので修理は専門店が安心

色だけでなくソールの形状も特殊なものが多いのがコールハーンの特徴です。

横から見たときにギザギザなソールシャークソールなども使用しています。こういったソールも靴修理専門店なら似寄りのソールにて交換が可能です。

またソール全体が劣化してしまったスニーカーなども一般の修理屋さんでは断られることが多いので注意しましょう。

オールソール交換

オリジナルのソールを一度分解してから、新しいソールを取り付ける。写真は修理アフター

  • シャークソール張替え 13000~15000円
  • スニーカーかかと補修 2500~4000円
  • スニーカーオールソール 12000~14000円

 

コールハーンの革靴で気をつけたいソール劣化!

「久しぶりに履こうと思ったらソールが劣化していた」
「ソールに亀裂が入り始めた」

などといった状態はソール劣化によるものです。当サイトに持ち込まれるコールハーンの5割以上がソール劣化による修理となっています。

コールハーンの靴のソールにはウレタンを使用しているものが多く、使用状況によって劣化します。すぐに劣化することはありませんが注意が必要です。

ソール劣化を避けるために

ウレタンのソール劣化を避けるためにやっておきたいことをまとめてみました。愛用のコールハーンを長く愛用するために確認して見てください。

  1. 雨に濡れたらしっかりと雨を拭き取ってから、数日陰干しする
  2. 保管は可能な限り風通しが良い所にて
  3. 少なくても1ヶ月に1回は履いてあげる
  4. 湿気に気をつける

 

上記を守ることでウレタン底の寿命がかなり伸びますので、試してみてください。

また万が一ソールが劣化してしまったらオールソールにて修理がおすすめです!

レディースシューズ パンプスのかかと修理

長く愛用しているコールハーンパンプスのかかとのゴムは自然と減っていくものです。また、細いヒールの場合、側溝などに引っ掛けてゴムが取れてしまうこともあります。その場合、とても滑りやすくなるので危険です。早めの交換修理を検討しましょう。

  • リフト交換 1,000~2,000円

 

ヒール交換

コールハーンのパンプス修理で依頼が多いのがヒールの修理です。階段などにぶつけて巻いてある革が傷ついたり剥がれたりした場合、ヒールの交換修理が可能です。

ヒールの修理にはヒール巻革張替えとヒール自体の交換があります。どちらも可能な範囲でオリジナルに近いものにて交換します。

  • ヒール本体交換 両足 6,000~8,000円
  • ヒール巻革交換 両足 6,000~7,000円

 

レディースのブーツでオススメの修理

コールハーンのブーツ・革靴はヒールの高さ調整が可能です。かかとの高さがやや高い、もしくはやや低いといった場合には高さ調整を依頼しましょう。

  • ヒール高調整 4000~6000円

 

ブーツなどを長く履いている際にはオールソールでの修理が必要となります。ソールが摩耗したり、滑りやすくなって来た際にはオールソールを検討しましょう。

  • オールソール 13000~15000円

 

ストラップの交換修理

コールハーンのサンダルや、ミュール、パンプスのストラップが傷んできたら交換修理を検討しましょう。

ストラップの交換もしくは補強などの修理が可能です。一から作製することも出来るので安心です。

  • ストラップ再作成 8000円~
  • ストラップ補強 4000円~

 

きつい靴のストレッチ

購入時はぴったりだと思ったコールハーンの靴も実際に歩き続けたらきつくて痛い場合があります。ストレッチでサイズ調整が可能な場合がありますので、もう履けないとあきらめる前に一度ご相談ください。

  • ストレッチ 2,000~3,000円

 

全体的な汚れには革靴クリーニング

セルフメンテナンスをしていても、2年以上履いている場合には一度革靴クリーニングを検討しましょう。
タロンタロン靴修理工房では職人手作業でのウェットクリーニングを推奨しています。手作業での洗浄になるので、細かいところまで汚れを落とすことが可能です。

  • 革靴クリーニング 4000~5000円
  • アッパー染色 8000円~

その他コールハーンの靴やスニーカー修理は上記以外も承ります。メンズ、レディース問わすコールハーンの靴修理、メンテナンス、リペアでお困りなら、まずは無料のメール見積もりをご利用ください。

当サイトでは郵送もしくは来店での修理を承っています。来店での修理をご希望の場合にはまずは下記の店舗案内からどうぞ。

「本八幡駅近くで靴修理ができるお店はあるの?」「パンプス修理を他店で断られた」といった場合にはタロンタロン靴修理店をご利用ください。JR本八幡駅から徒歩2分にありますのでお気軽にどうぞ。千葉県で靴修理の専門店をお探しの場合にはこちらのページを参照してみてください。千葉県では数少ない靴・パンプス・ブーツの修理専門店を紹介していきます。 隠れ店舗のタロンタロン靴修理店。見つからない場合には電話にてご連絡ください。他店にて断られてしまった靴やハイブランドの靴も専門店なら修理が可能な場合が多くなっていま...

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。

靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK