トリッカーズのカントリーブーツなどの修理でお困りなら

王道のブーツ、トリッカーズの修理やメンテナンスでお困りならこちらのページを参照してみてください。ブーツ修理経験豊富な職人がトリッカーズの修理について詳しく解説していきます。

サイドゴアのレディーズトリッカーズ

サイドゴアが可愛らしいトリッカーズのブーツ。カントリーは年代を超えた定番ブーツです。

トリッカーズ(TRICKER’S)は1829年にイギリス・ノーサンプトンでジョセフ・トリッカー(Joseph Tricker)が創業したシューズメーカです。グッドイヤーウェルト製法に作られている靴としても有名です。特にカントリーブーツはとても人気でメンズレディースともに愛用している方が多いです。1927年にロンドンにオープンしたTrickerʼsジャーミンストリート店に続く世界2番目のショップとして2019年に東京・青山に直営店をオープンさせています。このショップでメンテナンス、リペアを受けることができます。

そんなトリッカーズですが長く愛用したい方は修理やメンテナンスについてもある程度知っておきましょう。靴などの革製品はメンテナンス次第で耐久度が大きく異なってきます。

こちらのページではトリッカーズをアッパー(靴上部)とソール(靴底)に分けて、修理について解説していきます。

 

トリッカーズの靴 メーカー修理の場合

トリッカーズオリジナルと全く同じパーツ等にて修理を希望の場合にはメーカーに修理を依頼しましょう。
メーカーに修理を依頼する際は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティ―カードや領収書がないと修理受付不可な場合がある
  • 海外購入品、並行輸入品は修理を受付けてもらえない場合がある
  • 見積もりや納期に長く時間がかかる
  • 修理金額が高額になる場合が多い
  • 状態によっては修理を断られること有り

 

〇トリッカーズ公式サイト


 

トリッカーズの靴 タロンタロンで修理の場合

トリッカーズの靴修理は修理実績が豊富な専門店に修理を依頼するのが一般的で安心です。
オリジナルのパーツでの修理にはこだわらない、早くなおしたいといった場合はタロンタロンでの修理を検討しましょう。

トリッカーズの靴修理をタロンタロンに依頼をする場合は以下の点に留意しましょう。

  • ギャランティ―カードや領収書がなくても修理が可能
  • 海外で購入した製品や並行輸入品の修理も可能
  • 見積もりや納期はメーカー修理と比較すると迅速
  • 修理金額はメーカー修理と比較すると安価な場合が多い
  • メーカー修理で断られても見積もり可能
  • オリジナルのパーツでの修理は不可

◯タロンタロン 公式サイト

ブランド靴修理専門店靴・パンプス・ヒール・サンダル・ブーツなど履物の修理ならタロンタロンまで。靴修理専門店のきめ細やかなサービスで対応致します。修理の流れ郵送での靴修理依頼の際にはこちらのフローを参照ください。来店での依頼の場合には店舗情報を御覧ください。まずは修理ができるかどうか、大体の料金はいくらぐらいか簡易見積りをオススメします。見積りはこちら依頼の際には郵送にて靴をお送りください。靴が傷まないように梱包後、弊社住所まで元払いにてご発送ください。梱包は廃棄しても構わないものでお願いしま...

 

ブーツ正面図

シュッとした印象のトリッカーズ。イギリスの代表的なブーツブランドです。

それでは当サイトの修理例を参考にトリッカーズでオススメの修理を紹介します。他店にて断られてしまった修理に関しても一度ご相談ください。

定番のハーフソールとかかと修理

まずは一般的な修理のハーフソールとかかと修理です。

かかと交換目安

後ろ側からみてこのぐらい削れてきたら交換の目安。あまり削れてしまうと、歩行に負担がかかってしまいます。

ハーフソールはソールが滑りやすいといった場合や、ソール前面のすり減りが気になる場合におすすめです。トリッカーズのブーツはレザーソールのものも多く、そのままだと滑りやすいので注意しましょう。

トリッカーズ

ダイナイトヒールとソールを使用しているモデル。

 

トリッカーズ

同様のダイナイトにて交換出来ます。

かかと部分のすり減りにはリフトの交換もしくはヒール交換にて対応可能です。当サイトでは色々なブランドのリフトやヒールを選択可能です。お好みに合わせて選択しましょう。

  • ハーフソール 3000~4000円
  • リフト交換 3000~4000円
  • ヒール交換 3000~4000円

 

オールソールとソールカスタム

オールゾール材

交換可能なソールタイプはメインで写真の5種類とダイナイトソール。

ソール全体を交換したいといった場合にはオールソールという修理になります。ソールのタイプは素材がレザーもしくはラバーの二通りに分かれます。

ラバーの場合はブーツの用途に応じて上記写真などの中から好みのソールが選択可能です。

色バリの基本はブラックとブラウン。また赤、青、緑系などの特殊色に関してもソールタイプによっては選択可能です。

  • オールソール 12000~15000円
    *ソールタイプと仕様によって変動

 

ソールが硬すぎる場合の対処方法

ソールが厚く、履きなれるのに時間がかかるトリッカーズ。あまりにも足に合わない場合には専門店にメンテを依頼しましょう。

対処方法としては厚めのソフトなインソールを入れることで、状態が緩和される場合が多いです。

ソールがあまりにも足に合わない場合にはリソール(ソールの張替え)を検討するのも一手です。ミッドソールを薄くしたりすることで、硬さはかなり緩和されます。

  • インソール調整 2000~4000円
  • リソール 1万~14000円
  • ミッドソール調整 1万~12000円

 

アッパーの色が退色してきた場合

数年履いているカントリーブーツなどはアッパーの色補修が必要になるケースがあります。

シミの除去

写真のようにしみになってしまったレザーアッパーは染色やクリーニングにて対応が可能です。

よくあるのがアスファルトにぶつけてしまったり、擦り傷ができたりするトラブルです。

そういった場合当サイトでは染色での修理をおすすめしています。染色後は傷がほとんど目立たなくなります。

部分的な傷の場合は部分染色、全体的に色が退色している場合には全体染色が可能です。

  • 部分染色 6000~9000円
  • 全体染色 1万~16000円

 

汚れてしまったカントリーブーツはブーツクリーニングにて

トリッカーズを履いている方が意外と知らないのがブーツクリーニングでのメンテナンスです。

長く愛用したブーツは通常インソール側も外側も汚れが付着しています。

全体的によごれを落とすのにはブーツクリーニングが最適です。

  • ブーツクリーニング 4000~5000円

 

サイドゴアブーツのサイドゴム交換修理

サイドゴアブーツの修理で多いのがアッパーエラスティックゴムの交換修理です。

対応してくれる店舗が意外と少ないため修理できないと思われている方も多いかもしれません。ブーツ専用のエラスティックゴムにて交換が可能です。

  • サイドゴム交換 半足 6000~8000円
    両足 12000~14000円

 

その他トリッカーズのブーツや革靴の修理でお困りなら、まずは無料のメール見積りをご利用ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。

靴の修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK